ホームラジオ番組リストお気楽人生相談浄化ムービー小説INDEXお気楽クイズ

2013年09月10日

今宵もあのバーで 「カリスマの男」7


今頃、ビック電化の最年少店長になっていたはずのこの俺が、なんでこんな田舎のボロ寺の住職なんだ。
ここには、名誉もやりがいも未来もない。
いったい俺がどんな悪事を働いたっていうんだ。
もし仏様という奴が本当にいるのなら、今すぐ仏壇から引きずり出して、ぼこぼこに殴りつけてやる。

妻の陽子が娘を連れ実家に帰ってから、ちょうど二週間。
誰にも必要とされていない無価値観と、大切なものを失った虚無感が混じり合い、小五郎は生きる気力を失っていた。

この日も、幽霊のようにふらふらと本堂に向かい、いつもの檀家たちの説教をありがたく聞いているふりをした。
ほうほうと適当に相槌を打っていると、「しっかり聞かんか!」と吉井のじいさんに一喝された。

朝の説教が終わり、普段着に着替えた小五郎は居間にある漆塗りの大きなテーブルの前に正座した。
一杯の茶を飲み干し、ふうっと大きな溜息をつくと、墨を磨り、半紙に筆を走らせた。

“本日閉店”

本堂の雨戸をすべて閉め切ると、本日閉店と書かれた紙を扉に貼って、小五郎は町に出た。
町に出る目的は特になかった。
ただ、この寺にいるのが息ができない程苦しかったのである。
取りたてて面白くもない二本立ての映画を観終わると、近くの居酒屋に入った。
早く酔いたかった小五郎は、立て続けに、焼酎をロックで飲んだ。

しかしこの日は、五杯目のロックを飲み干しても、まったく酔わなかった。
何もかもうまくいかないな・・
そうつぶやくと、ぼろぼろと涙が溢れ出た。

親父、じいさん・・・ごめん。もう限界だ。

五代目住職である小五郎は、廃寺する覚悟を決めていた。
しばらく陽子の実家で厄介になり、落ち着いたら、母には東京に来てもらおう。
ふがいない自分に腹が立ったが、もうどうしようもないところまで追い詰められていた。

酔うことを諦め、居酒屋を出ると、店の前に黒猫が座っていた。
地面に腰を下ろし前足をピンと伸ばして、小五郎の顔をじっと見ている。

あっ、この間の猫だ。
次の瞬間、悦子の言葉がフラッシュバックした。

“もっと落ちる。かわいそうやけど”

あいつ。なぜあんなことを言ったんだろう・・・
確かにあれから俺の人生はますます悪くなっている。

再び地面を見下ろすと、猫はもうそこにはいなかった。
駅の方角を見ると、狭い路地に黒猫の尻尾が消えていくのが見えた。

バーDOGか・・・
あの女がいるかどうか確かめてみるか。

小五郎は、黒猫に誘われるように路地に入って行った。
バーの扉を開けると、アロハ男の甲高い声が聞こえた。

「まいどお〜!!」

カウンターの一番奥の席に悦子が座っていた。
この間と同じ黒いワンピースを着ている。


「この間はごちそうさま」

「・・・いや、こちらこそ」

「そろそろ来ることだって思って待ってたんやで」

「そっか。それは嬉しいね」

まだ何も注文していなかったが、おしぼりと瓶ビールが出てきた。
アブサンとやらは飲む気がしなかったので、文句はなかった。

「それでどうなったん?」
悦子が唐突に質問してきた。

「・・・どうって何が?」

「やっぱり落ちたやろ?」

「ああ、落ちた、落ちた!地獄の底まで落ちてったあ」
ひきつった笑みを浮かべながら、小五郎は無理やり陽気に答えた。

「そっか。それは良かったなあ」

ムッとした小五郎は、右手でカウンターをバン!と叩いた。

kuroneko78.jpg
第8話へ|最初から読むINDEXへ


人気ブログランキングへ  🐱いつもありがとうございます。 感謝!


番組へのご投稿(相談・質問)は、こちら
posted by 安達正純 at 15:56 | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
;;;;;;
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。