ホームラジオ番組リストお気楽人生相談浄化ムービー小説INDEXお気楽クイズ

2013年10月08日

今宵もあのバーで 「カリスマの男」11


小五郎の心は、一点の曇りなく澄み切っていた。
晴れ上がった空に、どこからともなく雲が流れてくるように、言葉が浮かんできた。
その言葉は、思考の検閲を受けず、そのまま口から出ていった。


“カリスマ営業マン”として東京で働いていたこと
父史郎の死を未だに受け入れられないこと
慣れない仕事でストレスが蓄積し、鬱になったこと
妻が子どもを連れて、実家に帰ってしまったこと
自分は“仏の道”を教えるような人格ではないこと
近い将来、廃寺の手続きをしようと考えていること

時より法衣の袖で目頭を押さえながら話す小五郎の姿を、檀家たちは静かに見守っていた。

「以上です。ご静聴ありがとうございました」

檀家たちは、小五郎に向かって、合掌した。


「いや素晴らしい説法じゃった。ありがとう」
吉井のじいさんが深々と頭を下げた。

「いいえ。これは説法ではありません。
これまで隠してきたことをお話して、みなさまにご判断いただきたいと思っただけです」

「判断ならもうついておる。おまえさんの中に仏さんを見たんじゃよ。だからみんな合掌したんじゃ」

「・・・仏様ですか」

「おまえさんは、ずっと自分の力で、この寺をなんとかしようとしてきたはずじゃ。しかし、今のおまえさんは一切の自力を捨て、仏さんにすべてを委ねておるじゃないか」

「はい。自分でも不思議なのですが、立派な人間になろうとするエゴが消えてしまいました。未熟ですが、どうしようもない自分のまま生きていくしかありません。そう思ったら、みなさんに包み隠さずお話したくなりました」

「あるがままに生きる。これぞ仏道なのじゃ。それでいいんじゃよ」

「えっ、このままでいいんですか?修行し、悟りを開いて、仏様になるのだと思ってましたが」

「そうではない。瓦をどれだけ磨いても、鏡にはならぬものじゃ。瓦を否定し、鏡になろうとする心、それが邪魔なんじゃよ。修行とは、その分別心を落とすことにある。おまえさんに何があったのか知らぬが、その邪魔ものが見事に脱落しておる」

「何者かになる必要はなかった?」

「そういうことじゃ。
このままでは駄目だ。何とかしなければならぬ。
その分別心が、そもそも“迷い”の原因じゃ。
そして、その迷いが“悟り”という幻想を創ったというわけじゃな」

「悟りは、幻想なのですか?」

「悟りというものを欲しがっているようでは、まだ迷いの中にいるということじゃ。
そこの池に、蓮の花が見事に咲いておるじゃろ。
仏さんは、水面の綺麗な花か?それとも泥の中の根っこか?」

「どちらもです」

「その通りじゃ。分別心が落ちれば、花も根もなく、あるがままの姿が見えるものじゃ」

hotokesan.jpg
最終回へ |最初から読むINDEXへ

10/26(土)第6回ベーシックコース東京→ 詳細はこちらで

11月に全国4会場で開催!
「生きながら生まれ変わるセミナー」→ 只今参加者募集中





人気ブログランキングへ  🐱いつもありがとうございます。 感謝!


番組へのご投稿(相談・質問)は、こちら
posted by 安達正純 at 07:22 | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
;;;;;;
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。