ホームラジオ番組リストお気楽人生相談浄化ムービー小説INDEXお気楽クイズ

2013年10月15日

今宵もあのバーで 「カリスマの男」最終回


「生きるのは辛いものじゃ。人は誰もが苦しみや悲しみを背負って生きておる。その姿がそのまま仏さんなんじゃ。今のおまえさんなら、誰もが安心して打ち明けることができるはずじゃ」

「はい」

「わしらも朝早くからここに集まって反省しとったんじゃ」

「反省・・・何をですか?」

「村のために尽力を惜しまなかった四代目が突然亡くなって、村民は、心の支えを失ってしもうた。ここも廃寺になってしまうのじゃないか、それを考えるとわしは夜も眠れんほど心配じゃった。

だがおまえさんは五代目として、東京からこんな山奥の村に来てくれた。誰もが飛び上がるほど喜んだが、四代目への恩返しは、おまえさんを一日でも早く一人前の僧侶にすることだ、とみんなで相談して決めたのじゃ。だから歓迎会もせず、あれこれ厳しく叱ってしまった。

おまえさんを鬱にしてしまったのは、わしら檀家衆の責任じゃ。どうかここにいるみんなを許してもらいたい」

吉井のじいさん、そしてその他の檀家も揃って、頭を下げた。

「・・・」

みんなの本心を聞き、大粒の涙がとどめもなく流れた。

「ありがとうございます。一から出直します。みなさん。これからも長生きして、新米住職を叱り飛ばしてください」

「みんなが長生きしたら、寺が儲からんじゃろうに」

がはっはっはは!!
本堂に大勢の笑い声が鳴り響いた。



その夜、小五郎は久しぶりに深い眠りについた。

スマートフォンのアラームがなったのは、朝の四時だった。
前の晩、母に作らせたおにぎりを二つ食べた小五郎は、本堂の玄関や庭を丹念に掃除した。
掃除を済ませ本堂で線香を上げると、寺の門扉を開いた。

正面に見える山から朝陽が半分顔を出していた。
薄い雲がオレンジ色に染まり、十数羽の鳥たちがV字になって飛んでいる。
視界を遮るものは何もない。
都会では観ることのない大自然のパノラマは、小五郎を無心にさせてくれた。

asahi888.jpg


・・・ ・・・

朝陽に向かって合掌し、ゆっくりと深呼吸した。
背筋をピンと伸ばすと、誰もいない門前で一礼し、腹の底から大きな声を出した。


「安楽寺、只今開店いたしました!私は、この寺の五代目住職、佐藤小五郎です。本日も一日、どうぞよろしくお願いいたします!」


にやあ〜
猫の鳴き声がどこかで聞こえたような気がした。


カリスマの男 終

最初から読むINDEXへ

11月に全国4会場で開催!
「生きながら生まれ変わるセミナー」→ まだ残席あります!




人気ブログランキングへ  🐱いつもありがとうございます。 感謝!


番組へのご投稿(相談・質問)は、こちら
posted by 安達正純 at 05:34 | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
;;;;;;
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。