ホームラジオ番組リストお気楽人生相談浄化ムービー小説INDEXお気楽クイズ

2013年09月24日

今宵もあのバーで 「カリスマの男」9


うっ・・・ここは、どこだ?

小五郎は、駅前にある公園のベンチで寝ていた。
昨夜は、バーでアブサンを立て続けに四杯飲んだが、その後の記憶がまったく思い出せなかった。

体を起こすと、早足で駅の構内に入っていくサラリーマンの姿が遠くに見えた。
公園のモニュメントの時計は、7時15分を差している。

小五郎はゆっくりと起き上がると、妙な感覚に気が付いた。
70度の酒をあれだけ飲んだのに、酔いがまったく残っていない。
いや。それだけではない。
“何か”がいつもと違うのだ。


かすかに揺れる樹木の葉。葉の間から洩れてくる朝陽の光。
餌を探し回る鳩たち。キンモクセイの香り。公園の石畳を踏んでいる感覚。

すべてが恐ろしいほどリアルだった。
とにかく臨場感が半端ないのである。
いままで生きていた世界が、まるで薄っぺらい紙芝居のように感じた。

おそるおそる公園を歩いてみた。
ベンチの前の噴水をぐるりと一周したところで、小五郎は愕然として立ち止まった。
自分が動いているのではなく、世界が自分の中で動いていたのである。
目線を下に向けると、自分の体は、世界の一部になっていた。

それは、まるで“顔出しパネル”から顔を出しているような感覚だった。
記念撮影用に観光地などに置いてある、あれである。
パネルの穴から“小五郎の意識”が世界を眺めていた。
自分は、まったく動いていない。
動いているのは、世界の方だったのである。


か、顔がない!!
“誰か”の叫び声がした。

首から上が消えている。
あのアブサンという酒のせいなのだろうか・・・

その誰かは、この摩訶不思議な状況をあれこれと考えだした。
意識は、話を静かに聞き、彼が連れてきた不安と恐れを感じていた。

話が終わると、世界は静寂と平安に包まれた。
考える誰かがいない時、世界は誰のものでもなかった。

そんなことを何度か繰り返しているうちに、考える誰かはあることに気づいた。

もしかして、俺は“思考”なのか?
俺が考えている時だけ、俺は存在しているような気がするが・・・
考える誰かは、益々混乱した。

なんてこった。
これがアロハ男が言った「存在していない」ということなのか。
うん?じゃあこの体を動かしているのは、いったい誰なんだ?

kouen456.jpg
第10話へ |最初から読むINDEXへ

11月に全国4会場で開催!(大阪・東京・名古屋・福岡)
「生きながら生まれ変わるセミナー」→ 只今参加者募集中



人気ブログランキングへ  🐱いつもありがとうございます。 感謝!


番組へのご投稿(相談・質問)は、こちら
posted by 安達正純 at 16:11 | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月17日

今宵もあのバーで 「カリスマの男」8


「俺は何もかも失ったんだ。それのどこがいいんだ?」

「だって、アブサンが飲めるんやで。めでたいやんか」

やっぱりこの女はおかしい・・・
きっとどこかの病院を脱走してきたのだろう。

「おめでとうさん!」
アロハ男はそういいながら、淡いグリーンの液体が入ったボトルを、カウンターの上に置いた。

いや女だけじゃない。この男も同じだ。

abusan1.jpg

「これがアブサンやで〜」

嬉しそうにアロハ男がうんちくを語りだした。
アブサンは、19世紀の芸術家たちに愛された酒で、ニガヨモギの“ツヨン”という成分が幻覚を引き起こすと言われている。
感性やインスピレーションを引き出す霊酒として、あのゴッホも愛飲していたらしい。
アブサンという名は“存在しない”という意味である。


「存在しないって、何が?」と小五郎はアロハ男に聞いた。

「存在しないものや」

「存在しないものは、最初から存在しないじゃないか」

「その通りやな。でもあんたは自分が存在してると思ってるやろ?」

「・・・」

小五郎は言葉を失った。

というのも、子どもの頃から幾度となく不思議な体験をしていたからである。
何の予告もなく、自分が透明になったような感覚がやってきた。
その時、自分は“誰でもない”のである。
世界はあるが、私という個人はいない。
ほんの数十秒だったが、その感覚は非常にリアルだった。

もしかして俺は長い夢を見ているのだろうか?
日常が幻想で、あれが“本当の自分”ではないのか?
そんな疑問がずっと小五郎の心の奥に鎮座していたのである。


「もしかして、この俺は存在していない?」

「それは、アブサンを飲めばわかることや」

「・・・でもちょっと怖い気がするな」

「あんたは大丈夫。ちゃんと準備できてるもん」
悦子が口をはさんできた。

「もしかして悦ちゃんも飲んだのかい?」

「当たり前や。自分が飲んでないもん、よう人に勧めんわ」

「・・・そっか。じゃあいただくとするかな」

ショットグラスに三分の二ほどつがれたアブサンが、小五郎の前に出された。
グラスを口元に近づけ、香りを確かめると、そのままグリーンの液体を一気に流し込んだ。

“んぐっ”と喉が音を鳴らすと、
ぐああああああああっ おおお!!!
と猛獣のような雄たけびをあげた。


「私、アブサン一気飲みする人、はじめて見たわ」

「言い忘れとったけど。その酒70度やで」

「ごほごほっ・・それを先に言ってよね」

三人は声を合わせて笑った。
ラベルに描かれた大きな目が、小五郎の顔をじっと見つめていた。

abusan88].jpg

第9話へ |最初から読むINDEXへ

11月に全国4会場で開催!(大阪・東京・名古屋・福岡)
「生きながら生まれ変わるセミナー」→ 只今参加者募集中

人気ブログランキングへ  🐱いつもありがとうございます。 感謝!


番組へのご投稿(相談・質問)は、こちら
posted by 安達正純 at 10:47 | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月10日

今宵もあのバーで 「カリスマの男」7


今頃、ビック電化の最年少店長になっていたはずのこの俺が、なんでこんな田舎のボロ寺の住職なんだ。
ここには、名誉もやりがいも未来もない。
いったい俺がどんな悪事を働いたっていうんだ。
もし仏様という奴が本当にいるのなら、今すぐ仏壇から引きずり出して、ぼこぼこに殴りつけてやる。

妻の陽子が娘を連れ実家に帰ってから、ちょうど二週間。
誰にも必要とされていない無価値観と、大切なものを失った虚無感が混じり合い、小五郎は生きる気力を失っていた。

この日も、幽霊のようにふらふらと本堂に向かい、いつもの檀家たちの説教をありがたく聞いているふりをした。
ほうほうと適当に相槌を打っていると、「しっかり聞かんか!」と吉井のじいさんに一喝された。

朝の説教が終わり、普段着に着替えた小五郎は居間にある漆塗りの大きなテーブルの前に正座した。
一杯の茶を飲み干し、ふうっと大きな溜息をつくと、墨を磨り、半紙に筆を走らせた。

“本日閉店”

本堂の雨戸をすべて閉め切ると、本日閉店と書かれた紙を扉に貼って、小五郎は町に出た。
町に出る目的は特になかった。
ただ、この寺にいるのが息ができない程苦しかったのである。
取りたてて面白くもない二本立ての映画を観終わると、近くの居酒屋に入った。
早く酔いたかった小五郎は、立て続けに、焼酎をロックで飲んだ。

しかしこの日は、五杯目のロックを飲み干しても、まったく酔わなかった。
何もかもうまくいかないな・・
そうつぶやくと、ぼろぼろと涙が溢れ出た。

親父、じいさん・・・ごめん。もう限界だ。

五代目住職である小五郎は、廃寺する覚悟を決めていた。
しばらく陽子の実家で厄介になり、落ち着いたら、母には東京に来てもらおう。
ふがいない自分に腹が立ったが、もうどうしようもないところまで追い詰められていた。

酔うことを諦め、居酒屋を出ると、店の前に黒猫が座っていた。
地面に腰を下ろし前足をピンと伸ばして、小五郎の顔をじっと見ている。

あっ、この間の猫だ。
次の瞬間、悦子の言葉がフラッシュバックした。

“もっと落ちる。かわいそうやけど”

あいつ。なぜあんなことを言ったんだろう・・・
確かにあれから俺の人生はますます悪くなっている。

再び地面を見下ろすと、猫はもうそこにはいなかった。
駅の方角を見ると、狭い路地に黒猫の尻尾が消えていくのが見えた。

バーDOGか・・・
あの女がいるかどうか確かめてみるか。

小五郎は、黒猫に誘われるように路地に入って行った。
バーの扉を開けると、アロハ男の甲高い声が聞こえた。

「まいどお〜!!」

カウンターの一番奥の席に悦子が座っていた。
この間と同じ黒いワンピースを着ている。


「この間はごちそうさま」

「・・・いや、こちらこそ」

「そろそろ来ることだって思って待ってたんやで」

「そっか。それは嬉しいね」

まだ何も注文していなかったが、おしぼりと瓶ビールが出てきた。
アブサンとやらは飲む気がしなかったので、文句はなかった。

「それでどうなったん?」
悦子が唐突に質問してきた。

「・・・どうって何が?」

「やっぱり落ちたやろ?」

「ああ、落ちた、落ちた!地獄の底まで落ちてったあ」
ひきつった笑みを浮かべながら、小五郎は無理やり陽気に答えた。

「そっか。それは良かったなあ」

ムッとした小五郎は、右手でカウンターをバン!と叩いた。

kuroneko78.jpg
第8話へ|最初から読むINDEXへ
人気ブログランキングへ  🐱いつもありがとうございます。 感謝!


番組へのご投稿(相談・質問)は、こちら
posted by 安達正純 at 15:56 | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
;;;;;;
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。